髪 パサつく 原因

髪 パサつく、髪 パサパサの原因1

一番多いのは乾燥。季節的な影響も大きいよね。室内の湿度が低い場所へ長く居れば、肌が乾燥するように影響を受けます。

そして、カラーリングやパーマのダメージも、かなりパサつきの原因になるよ。だいぶ薬剤の質は良くなっているけれど、内部を科学的に破壊させて色素を入れたり、抜いたり、ウェーブを出すものなの。

それによって、表面にあるキューティクルと呼ばれる、水分を保護する膜が剥がれてしまうと、髪がパサパサした感じになっちゃいます。

キューティクルはドライヤーの当てすぎや、紫外線のダメージでも剥がれやすいから注意!ヘアーアイロンや、コテをよく利用する人も要注意!

かといって、ドライヤーで乾かさない自然乾燥もNG。濡れたままだと、キューティクルは開きやすいから髪のパサつきに繋がります。

髪 パサつく、髪 パサパサの原因2

2番目は、栄養不足。最後の方に栄養が行き届く場所だから、極端なダイエットをしたり、血流が悪いと、てきめんにダメージが現れやすいの。

艶やコシは、女性ホルモンのエストロゲンの作用も大きく関係しているよ。だから、更年期などでエストロゲンの分泌が減る事も要因になるそう。

更年期ではなくても、ストレスや生活環境でホルモン分泌が悪くなる場合もあるから、若い女性にも大いに関係あるよね?気分も落ち込んじゃうから、早めにケアしましょう。

>>髪 パサつく、髪 パサパサ対策はこちら(現役美容師があなたの代わりに実体験し、結果を伝授)

髪 パサパサ 原因

髪がパサつき、元気がないし、まとまらない。そんなあなたの不満を解消する方法を、現役美容師が、髪 パサパサの原因と解決策を、実体験を基に徹底伝授。

Copyright 髪 パサつく、髪 パサパサ 原因 2015 対策